忍者ブログ

癌・難病・内臓疾患・不眠などに定評のある代替療法をマグネティック・パルサーや海外の療法を中心にご紹介していきます

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


オゾンは3つの酸素原子からなる化学物質であり、ドイツ人化学者によって1840年に発見されました。
ヨーロッパでは、ドイツで現在のオゾン発生器の原型が1957年に開発され、以来、実践的に市民権を得た治療法として、ドイツを中心にオーストリア、スイス、イタリア、さらには、ロシア、キューバ、イスラエルなど、また最近では、英国と、世界20カ国以上でさかんに行われています。日本ではそれほど市民権を得ていませんが、そこそこ行われるようになっています。
オゾン療法は、どんな状態の人にも用いられる効果的な治療法として海外では認知され、ています。
医療用オゾンは、常に純オゾンと純酸素の混合ガスであり、オゾン療法士(訓練を受けた医師)が患者にあった投与量を決めて施療を行います。医療用オゾンは、菌やカビを死滅させたり、ウイルスの活動を抑える働きなどがあることから、細菌性やウイルス性の疾患や、感染症の殺菌にも広く使用されています。
 
また、オゾンは血液循環を刺激する働きがあるため、循環不全の治療にも用いられていますし、これを低濃度で投与することにとり、患者の免疫力を高めるのに大変効果的です。しかも副作用はないといっていいレベルです。
ただし、オゾン治療では、オゾンガスを直接肺に入れないような治療が行われています。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
サブカテゴリー
最新コメント
[11/25 シフォンJ]
[10/13 木枯らし紋次郎]
[10/08 DDD]
[10/08 DDD]
[10/08 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
Copyright ©  -- 磁気治療とマグネティック・パルサー、海外の代替療法 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ