忍者ブログ

癌・難病・内臓疾患・不眠などに定評のある代替療法をマグネティック・パルサーや海外の療法を中心にご紹介していきます

HOME Admin Write
選択したカテゴリーの記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bob Beckプロトコルでは、以下4つの方法を使います。

1.シルバーパルサーのマイクロパルスによる血液の電化
2.マグネティック・パルサーでの体内磁場へのパルスによる振動
3.シルバーパルサーで作ったイオン化されたコロイダルシルバーの飲用
4.オゾネーター(Ozonater)で作ったオゾン水の飲用

それぞれ単独でも力になる方法ですが、これらを組み合わせることで大きな力を発揮します。

PR

ネットで仕入れた情報ですが・・・

・アメリカでは1992年、FDA(食品医薬品局)がコロイダルシルバーを栄養補助食品(サプリメント)として承認。
・ドイツでは政府が新生児の目の消毒にコロイダルシルバーの使用を法制化。
・アメリカ、ロシア、ドイツ、フランスでは既に1930年代よりコロイダルシルバーでの水の消毒を実施。
・日本も各大学病院での研究と臨床が開始。


Bob Beckプロトコルの中で補助的に使用されるコロイダルシルバーですが、「肌が永久に青くなるサプリメント」というぶっそうなタイトルの記事がネットに散見し、読んだ人を不安にさせているようです。もともと海外で話題になった記事の訳ですが、あの写真を見た人には軽い衝撃を受けた人も多いのではないかと思います(製薬会社のやらせだという説もあり?)。
確かに銀は、長期に大量に素材の悪いものを摂取していると、銀沈着症を起こすようです。

それを避けるためには、
・純水や蒸留水で作った分子量の小さいものを飲むこと
・セレンとビタミンEを摂取すること
・飲む量に気をつけること
・時々飲用に休止をいれること

などに心がければいいということです。
また、銀沈着症はサウナで治療することもできるようです。

それにしても、やたら恐怖をあおるだけの記事は確かにセンセーショナルですが、ちょっと影響力が大きすぎますね。

Sota社のシルバーパルサーSilver Pulserでは蒸留水を使って、飲用に適した分子量の小さいコロダルシルバーを作ることもできます。

癌の原因が微生物であるということを示唆する研究は非常にたくさんあります。
30年以上電子医学の研究をしていたボブ・ベック(Bob Beck)博士は低周波交流
電流がエイズなどのウイルス疾患に効果があるという研究をもとにシルバーパルサー(Silver Pulser)とマグネティックパルサー(Magnetic Pulser)という機械を発明しました。この電子療法は、免疫疾患他の患者だけでなく癌患者にも癌の真の原因を取り除き、免疫力を向上させることで大きな成果をあげてきました。MMSもそうでしたが微生物を体内から消していくと、免疫力が大きく上がり、癌と戦うインターロイキンやインターフェロンを作る神経ペプチドを回復させます。

Sota社はボブ・ベック博士の理論に従ってシルバーパルサーやマグネティックパルサー等の機械を開発しました。それによって社長の奥さんも癌を克服しました。Sota社の機械は、Wolfe社で若干安く安全に購入できます。

 

カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
リンク
サブカテゴリー
最新コメント
[11/25 シフォンJ]
[10/13 木枯らし紋次郎]
[10/08 DDD]
[10/08 DDD]
[10/08 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
Copyright ©  -- 磁気治療とマグネティック・パルサー、海外の代替療法 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ