忍者ブログ

癌・難病・内臓疾患・不眠などに定評のある代替療法をマグネティック・パルサーや海外の療法を中心にご紹介していきます

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Bob Beckプロトコルの中で補助的に使用されるコロイダルシルバーですが、「肌が永久に青くなるサプリメント」というぶっそうなタイトルの記事がネットに散見し、読んだ人を不安にさせているようです。もともと海外で話題になった記事の訳ですが、あの写真を見た人には軽い衝撃を受けた人も多いのではないかと思います(製薬会社のやらせだという説もあり?)。
確かに銀は、長期に大量に素材の悪いものを摂取していると、銀沈着症を起こすようです。

それを避けるためには、
・純水や蒸留水で作った分子量の小さいものを飲むこと
・セレンとビタミンEを摂取すること
・飲む量に気をつけること
・時々飲用に休止をいれること

などに心がければいいということです。
また、銀沈着症はサウナで治療することもできるようです。

それにしても、やたら恐怖をあおるだけの記事は確かにセンセーショナルですが、ちょっと影響力が大きすぎますね。

Sota社のシルバーパルサーSilver Pulserでは蒸留水を使って、飲用に適した分子量の小さいコロダルシルバーを作ることもできます。

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

銀沈着症は治らないですよ?
肌の深層部に銀粒子が留まるので
手術でも治らないのに、サウナなんかで治るわけ無いじゃないですか。

コメント有難うございます

コメント有難うございます。
興味深い問題ですね。私も実際のところを知りたいです。
FDAの見解では銀沈着症はirreversible(不可逆性=治らない)ということで、1日スプーン2杯までのコロイダルシルバーの使用が推奨されているようですが、実際には治ったという人の証言も割とあるんですよ。
サウナはコロイダルシルバーを作る機器のマニュアルに書いてあったことに過ぎないです。
証言ではサプリが効いたという人が多いので、それについてはまた記事にでもしようかな?
いずれにしても慎重に使う必要がありますね。


無題

銀皮症は銀の粒子は皮膚の深部などに溜まります。
が、銀の粒子が汗腺よりも大きいため、例えば岩盤浴のように、汗と一緒に出そうとしても出せません。

これは皮膚科のけんいに聞いた話なので間違いありません。

ちなみに8g以上の摂取で銀皮症になるそうです。

肌の銀粒子を小さくするか、汗腺を拡大する装置か・・・

サウナで暖めただけでは、銀粒子が出るほど、汗腺が広がるとは思えませんが、サウナは面白いですね。
詳しいネタ元あったら教えてください(笑)

ちなみに

アメリカではコロイダルシルバーを医薬品として全ての動物に使うことは禁止されています。


銀皮症のリスクが高いですからね。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
サブカテゴリー
最新コメント
[11/25 シフォンJ]
[10/13 木枯らし紋次郎]
[10/08 DDD]
[10/08 DDD]
[10/08 管理人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
Copyright ©  -- 磁気治療とマグネティック・パルサー、海外の代替療法 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ